イメージ画像

発電量トップクラスの太陽光発電はどれ?

太陽光発電を購入するなら発電量の多さで選ばないと損!この業界どれだけ発電量を増やしてどれだけ電気を作れるかが一般家庭で最も重要な事項。金持ちの道楽なら話は別ですが、電気代の節約を目的とする家庭ならなおさら発電してくれないと困るわけです。

そんなときに太陽電池というと国内でも50社以上もメーカーがあると言われており、それぞれ見込める発電量が異なってくるため最も性能が良いものを導入することが初期費用を素早く回収する近道となるわけです。

注意点 ただしいかにたくさん発電しようとも、その初期にかかるコストが膨大では意味がありません。一般的には高価なものほど性能がよいですが、じっくり吟味すれば安くてたくさん発電するメーカーも見つかるはずです。

発電量トップクラスの太陽光発電といえば

SANYO(現panasonic)のHIT233シリーズは国内メーカーでトップクラスと言われています。また東芝が取り扱いを開始したパネルは海外製ながらも発電量の高い太陽光発電パネルを利用しています。昭和シェルソーラーはCISという素材を用いたパネルを使い、大量生産に成功したことから安価で発電量の多い太陽光発電を提供しています。
太陽光発電はどこがいい?メーカー比較で発電量充実!
こちらのサイトも参考にしてみましょう。

太陽光発電は発電量の多さよりもコストパフォーマンスで選ぶ時代へ

コストパフォーマンスというと難しいワードになるが、簡単にいうと手早く初期費用を回収できる安さと発電量を兼ね備えたものという意味になる。近年は大量生産が進み一家に一台は太陽光発電という時代が来るかもしれなぐらいの勢いがある。

明らかにブームとなっており、これは国策のせいもあるが導入をドンドン進めて原発に依存しない電力需給状況を創りだそうとしているためだ。被災地でも当然役に立つ太陽光発電であり、導入が進んでいるのもそのためなのだ。

何故発電量にこだわるのか?

元々電気代の節約になるという事でスタートしたわけなので発電量が低ければ全く電気代節約にならないためだ。それだったら導入しないで今までのように1wを24円で電力会社から購入してればよかった、となってしまうわけである。

かなり高いし、消耗品でもあるため雨風にさらされることで故障などもあるリスクを取っているわけなのでそれ相応のメリットが無ければ導入する意味が無い。

太陽光発電は発電量がキモになってくるといえる。

このページの先頭へ